WordPress

ワードプレスの削除した記事を検索から消すには

さてさて、前回の記事で嬉し気に各種ツールの登録ができたので、

早速インデックスされているかGoogle検索してみると

削除したはずのテスト記事がでてくるじゃないですか。

こんな感じで                  画像検索しても出てくる!

しかも最新記事は表示されないというw

最新記事が表示されないのがきになりつつも、
削除記事が検索表示検から消せるのか、試みることに。
すぐにできると思ったのに、これがなかなかできなかった・・・
初心者の奮闘記が参考になれば☆のログにします。

試したこと
①ブラウザのキャッシュをクリアする
②WordPressのキャッシュ系プラグインでキャッシュをクリアする

ということで
「WP Fastest Cache」
というプラグインをインストール&実行。

反映されない・・・

それならばと、調べまくったら
Googleさんに「消してください!!」とお願いする方法があると!

削除したい記事のURLを申請して、Googleさんが分析したのち、
記事がないと判断するとリクエストを受け付けてくれる、というしくみなんだと。

ブラウザのキャッシュクリアやプラグインで削除しても、
いつ来るか分からないクローラーを待たなきゃいけないのなら、
手っ取り早く本家のGoogleさんに対応をしてもらおうと申請をして、
待つこと二日・・・

それでも申請したURLが、全て削除されているわけではありませんでした・・・

どうしたものだと、ほかの検索エンジンでみてみたら・・・

消えとる!

う~ん、Googleの検索画面からキャッシュの反映のタイミングは、
Googleさんにしかわからないってことなので、

Googleさんに「記事削除したよー」っていうことをちゃんと伝えるために
SearchConsoleに古いコンテンツの削除をリクエストして、

様子を見ることにしました。

こちらのサイト様にお世話になったわけですが、

非常に気になる記述が・・・

「記事の質が低いから」とか、「情報が古いから」という理由で記事を削除しようとする人がいますが、
だったら別に消さずに書き直せばいいと思います。

いわゆる「リライト」と言われる作業になるんですが、これはGoogleも評価していて、
コンテンツをより良いものに変えていくことはプラスに捉えられるので。

な、ななんですって~ええええ?!

僕も上位に上がらなかった記事はこのリライトを重ねていくことで、
順位が2ページ目から1ページ目に上がったりという経験を何度もしています。

なので、納得のいかない記事は削除するのではなく、
書き直すことでより良い記事に変えていくのがいいと思いますね。

なんと!

早まったかな・・・
しかも、事を書き直した場合でも、タイトルも変えても大丈夫なんだとか。。。

「WP Fastest Cache」や「Google XML Sitemaps」のプラグインをいれてみたりと、
結構手間をかけたんだけどな・・・

まあ、いずれしなきゃいけない作業だったみたいなんで
良しとしよう!

手順や方法は、おいおい「リライト」というかたちで
書き足していきたいと思います。

関連記事

  1. web

    サイドバーにツイッターのタイムラインを埋め込んでみた

    twitterせっかくはじめたからには、やっぱり連携しないとな~、…

  2. web

    拡張機能Awesome Screenshotを使ってみる

    前回の続きですども、なつです。いつ…

  3. web

    WordPress フッターにInstagramのギャラリーを表示させてみた

    Twitterのタイムラインを公式サイトで埋め込みコードを作って、…

  4. web

    外部リンクにアイコンのマークを入れる

    カードリンクで外部リンクを表示するのもいいんだけど、カードリンクほ…

  5. web

    インスタグラムの画像をTwitterへ表示させる

    twitter初心者マークの私、Instagramで投稿した写真を…

  6. web

    Windows10で画面をキャプチャする方法

    昨日の記事で、アイキャッチ画像にあげたキャプチャ画像がぼやけていて…

最近の記事

アーカイブ

  1. web

    WordPress フッターにInstagramのギャラリーを表示させてみた
  2. life

    理想のキッチン考
  3. Photoshop

    Photoshop CC 多角形選択ツールが、いない?!
  4. WordPress

    アイコンフォントが表示されない?
  5. Blog運営

    自分の「メディア」を持つということ
PAGE TOP